太田青丘著作選集 中国象徴詩学としての神韻説の発展/国学興起の背景としての近世 第3巻 - 太田青丘

中国象徴詩学としての神韻説の発展 太田青丘著作選集 太田青丘

Add: uxahan67 - Date: 2020-11-28 16:14:13 - Views: 1682 - Clicks: 4520

太田青丘著作選集 全5巻(1日本歌学と中国詩学2芭蕉と杜甫/短歌と周辺詩/唐詩入門3中国象徴詩学としての神韻説の発展. 太田青丘(おおた せいきゅう、1909年 8月28日 - 1996年 11月15日)は、昭和・平成期の歌人、漢文学者、法政大学 名誉教授。 専門は中国詩学。. 太田青丘(おおた せいきゅう、1909年 8月28日 - 1996年 11月15日)は、日本の歌人、漢文学者、法政大学 名誉教授。. 太田水穂の兄・嘉曾次の三男で、父の没後に水穂・四賀光子夫妻の養子となる。当初は漢詩の創作から始まり、1928年(昭和3年)水穂の歌誌『潮音』に入会。旧制武蔵高等学校を経て、1934年(昭和9年)東京帝国大学 文学部 中国文学科卒。. 太田青丘(おおた せいきゅう、1909年8月28日 - 1996年11月15日)は、昭和・平成期の歌人、漢文学者、法政大学名誉教授。専門は中国詩学。文学博士。歌誌『潮音』主宰。妻は歌人の太田絢子、娘は『潮音』現主宰の木村雅子。.

「太田青丘著作選集 第3巻 (中国象徴詩学としての神韻説の発展/国学興起の背景としての近世日本儒学)」を図書館から検索。. 中国象徴詩学としての神韻説の発展/国学興起の背景としての近世: 太田青丘: おうふう: 89/08: 6180: 詩歌: 452: 1697: ちゅうごくじ: 中国情報ハンドブック 1989年版: 三菱総合研究所: 蒼蒼社: 89/08: 1648: アジア: 453: 1782: ちゅうごくし: 中国書道全集 別巻: 平凡社. 8 太田青丘著作選集 / 太田青丘著 第3巻. 9 形態: 564, 8p, 図版4p ; 22cm 著者名: 太田, 青丘(1909-) シリーズ名: 太田青丘著作選集 / 太田青丘著 ; 第4巻 書誌ID: BN03946536. 8 &92;6,000 日本書籍総目録有. 中国象徴詩学としての神韻説の発展/国学興起の背景としての近世: 太田青丘: おうふう: 89/08 &92;6300: にほ: 日本の詩歌 別巻 新訂版: 中央公論社: 中央公論社: 79/04 &92;2518: にほ: 日本の詩歌 第9巻 新訂版: 北原白秋: 中央公論社: 78/12 &92;2518: にほ: 日本の詩歌 第22巻. 太田青丘著作選集 (中国象徴詩学としての神韻説の発展/国学興起の背景としての近世) 第3巻 太田青丘/おうふう 1989/08出版 508p 22cm ISBN:NDC:910.

『太田青丘全歌集』白玉書房 1979 『太田水穂と潮音の流れ』短歌新聞社 1979 『短歌と人生 私の短歌作法』東京堂出版 1979 『太田水穂』短歌シリーズ・人と作品 桜楓社 1980 『危檣 歌集』石川書房 1982、短歌新聞社文庫 『藤原惺窩』吉川弘文館・人物叢書 1985. 中国象徴詩学としての神韻説の発展/国学興起の背景としての近世 太田青丘著作選集 第3巻 太田青丘 (オオタ セイキユウ. 中国象徴詩学としての神韻説の発展 ; 国学興起の背景としての近世日本儒学 太田青丘著 (太田青丘著作選集 / 太田青丘著, 第3巻) 桜楓社, 1989. 太田青丘(おおた せいきゅう、1909年8月28日 - 1996年11月15日)は、日本の歌人、漢文学者、法政大学名誉教授。 長野県東筑摩郡広丘村(現・塩尻市)生まれ。本名・兵三郎。太田水穂の兄の子で、のち水穂・四賀光子の養子となる。.

8 形態: 508p, 図版2p ; 22cm 著者名: 太田, 青丘(1909-) シリーズ名:. 太田, 青丘(1909-) シリーズ名: 太田青丘著作選集 / 太田青丘著 ; 第4巻 書誌id: bnisbn:. 1989年に出版された本の「著者あ行21」のページです。著者よみがな順に書誌・書籍出版情報を提供。横断検索やレビュー. 太田水穂研究 フォーマット: 図書 責任表示: 太田青丘著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 桜楓社, 1989. 太田青丘(おおた せいきゅう、1909年 8月28日 - 1996年 11月15日)は、昭和・平成期の歌人、漢文学者、法政大学 名誉教授。 専門は中国詩学。. 中国象徴詩学としての神韻説の発展 ; 国学興起の背景としての近世日本儒学. 長野県 東筑摩郡 広丘村(現・塩尻市)生まれ。.

函入 /1日本歌学と中国詩学/2芭蕉と杜甫 短歌と周辺詩 唐詩入門/3中国象徴詩学としての神韻説の発展 国学興起の背景として. 太田青丘(おおた せいきゅう、1909年8月28日 - 1996年11月15日)は、昭和・平成期の歌人、漢文学者、法政大学名. 太田水穂研究: 太田青丘: おうふう: 89/09 &92;6300: おも 「おもいまつがね」は歌う歌か 古日本文学発生論・続 8: 藤井貞和: 新典社: 90/01 &92;1029: おり: 折々のうた: 大岡信: 太田青丘著作選集 中国象徴詩学としての神韻説の発展/国学興起の背景としての近世 第3巻 - 太田青丘 岩波書店: 80/03 &92;735: おり: 折々のうた 双娯帖2: 桑原翠邦: 教育書籍: 89/06 &92;11650: おり: 折々のうた.

中国象徴詩学としての神韻説の発展 ; 国学興起の背景としての近世日本儒学 フォーマット: 図書 責任表示: 太田青丘著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 桜楓社, 1989.

太田青丘著作選集 中国象徴詩学としての神韻説の発展/国学興起の背景としての近世 第3巻 - 太田青丘

email: hubosuc@gmail.com - phone:(795) 327-9501 x 6273

ル・クレール仏和辞典 - 内田和博 - 環境問題の知識社会学

-> 鳥の歳時記 初夏の鳥
-> 青森市 2000

太田青丘著作選集 中国象徴詩学としての神韻説の発展/国学興起の背景としての近世 第3巻 - 太田青丘 - 日経アーキテクチュア どこに頼む マンション大規模修繕


Sitemap 1

事故を起こした人の責任の取り方 - 大塚喜一 - 最新ショッピングガイド