韓半島から眺めた契丹・女真 - 愛新覚羅烏拉煕春

愛新覚羅烏拉煕春 韓半島から眺めた契丹

Add: pekova60 - Date: 2020-12-13 05:34:23 - Views: 3713 - Clicks: 7820

愛新覚羅, 烏拉煕春 吉本, 道雅(1959-) Catalog. 韓半島から眺めた契丹・女真: 愛新覚羅烏拉煕春, 吉本道雅 著: 京都大学学術出版会:. 韓半島から眺めた契丹・女真 - 愛新覚羅烏拉熙春 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. isbn:発行年月: /09. Bib: BB0688612X ISBN:. 9: 大きさ、容量等: 280p ; 27cm: ISBN. 愛新覚羅 烏拉煕春 著 『愛新覚羅烏拉煕春女真・契丹学研究』松香堂、年。愛新覚羅 烏拉煕春 著 『契丹語諸形態の研究』 東亜歴史文化研究会、年。愛新覚羅 烏拉煕春 著 『韓半島から眺めた契丹・女真』 京都大学学術出版会、年。. 愛新覚羅烏拉煕春『韓半島から眺めた契丹・女真』p145~金代の女真大字碑文 豆満江近くの朝鮮咸鏡北道慶源郡東原面禾洞佛寺遺址、「慶源女真大字碑」第1面(『朝鮮金石綜覧』第三面) 第1行~~amban altʃun gürün qalan oron soʃĭn bihan miŋgan ʃər 大 金 國 曷懶 路 左申 必罕 猛安 舎里mömkü sabugu gaʃa do.

韓半島から眺めた契丹・女真 フォーマット: 図書 責任表示: 愛新覚羅烏拉熙春, 吉本道雅著 言語: 日本語; 中国語; 韓国語・朝鮮語 出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会,. 9: 愛新覚羅烏拉煕春女真契丹学研究: 愛新覚羅烏拉煕春 著: 松香堂書店:. 愛新覚羅 烏拉煕春,吉本 道雅『韓半島から眺めた契丹・女真』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 韓半島から眺めた契丹・女真: 著者: 愛新覚羅烏拉煕春, 吉本道雅 著: 著者標目: 愛新覚羅, 烏拉煕春: 著者標目: 吉本, 道雅, 1959-出版地(国名コード) JP: 出版地: 京都: 出版社: 京都大学学術出版会: 出版年月日等:. 愛新覚羅 烏拉煕春 、 吉本 道雅 | /9/28. ^ 愛新覚羅烏拉熙春、吉本道雅『韓半島から眺めた契丹・女真』京都大学学術出版会、年、220頁。 ^ 『遼史』表第二 皇子表「回鶻使至,無能通其語者,太后謂太祖曰“迭剌聰敏可使。”遣 迓 韓半島から眺めた契丹・女真 - 愛新覚羅烏拉煕春 之。相從二旬,能習其言與書,因制契丹小字,數少而該貫. 韓半島から眺めた契丹・女真 Format: Book Responsibility: 愛新覺羅烏拉熙春, 吉本道雅著 Language: Chinese Published: 京都 : 京都大学学術出版会,.

カン ハントウ カラ ナガメタ キッタン ジョシン. 愛新覚羅 烏拉煕春, 吉本 道雅 著. 京都大学学術出版会,. 愛新覚羅烏拉煕春『契丹古俗 ─ 妻連夫名与子連父名 ─ 』(『立命館文学』602号,)において、契丹男子にかぎって、長男は父の「字」の語幹をとって名付けられるという習慣が古くからあったことを指摘した。父の「字」の語幹に接尾されるのは形動詞. 韓半島から眺めた契丹・女真/愛新覚羅 烏拉煕春/吉本 道雅(歴史・地理・民俗) - 契丹語資料に見える高麗に関する記述と.

韓半島から眺めた契丹・女真 関連カテゴリ: 歴史・地誌 > 歴史 著・編・訳者: 愛新覚羅 烏拉煕春、 吉本道雅 発行所: 京都大学学術出版 刊行年: 平成23年 コンディション:. 愛新覚羅烏拉熙春・吉本道雅()『韓半島から眺めた契丹・女真』京都:京都大学学術出版会. 宝玉柱()「契丹小字183号227号原字研究」『中央民族大学学報(哲学社会科学版)』(2): 130–136.. 『韓半島から眺めた契丹・女真』 愛新覚羅烏拉煕春 吉本道雅 著 京都大学学術出版会 年 (本書下編は平成22年度高梨学術奨励基金研究助成による研究成果である). 愛新覚羅烏拉煕春 | 【HMV&BOOKS online】は、本・雑誌・コミックなどを取り扱う国内最大級のECサイトです!愛新覚羅烏拉煕春に関する最新情報・アイテムが満載。CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズは、コンビニ受け取り送料無料!. 《韓半島から眺めた契丹・女真》(愛新覺羅烏拉熙春、吉本道雅)京都大學學術出版會,年 《新出契丹史料の研究》(愛新覺羅烏拉熙春、吉本道雅)松香堂,年 《女真大字文献彙編──金啟孮先生逝世十週年紀念叢書之一》東亞歷史文化研究會,年. 愛新覚羅 烏拉煕春;. 韓半島から眺めた契丹・女真 - 愛新覚羅烏拉熙春/著 吉本道雅/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。.

^ 愛新覚羅烏拉煕春, 吉本道雅 著()『韓半島から眺めた契丹・女真』(京都大学学術出版会) ^ Kara, György,江村裕文・池田功訳「契丹と女真」,Peter T. 『愛新覚羅烏拉熙春女真契丹学研究』(年 松香堂書店) 『明代の女真人―『女真訳語』から『永寧寺記碑』へ―』(年 京都大学学術出版会) 『契丹語諸形態の研究』科研費報告書(年) 『韓半島から眺めた契丹・女真』(吉本道雅と共著。. 5 つ星のうち1. 韓半島から眺めた契丹・女真 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 愛新覚羅烏拉熙春・吉本道雅『韓半島から眺めた契丹・女真』(京都大学学術出版会、) 愛新覚羅烏拉熙春『명나라 시대 여진인:《여진역어》에서 《영영사기비》까지』(경진出版、) がある。 研究者. 専攻は契丹・女真・満洲をはじめとするユーラシア諸民族の言語文字と歴史文化 『 韓半島から眺めた契丹・女真 』より 愛新覚羅烏拉煕春トップへ. 愛新覚羅烏拉熙春, 吉本道雅著.

Amazonで烏拉煕春, 愛新覚羅, 道雅, 吉本, 烏拉煕春, 愛新覚羅の韓半島から眺めた契丹・女真。アマゾンならポイント還元本が多数。烏拉煕春, 愛新覚羅, 道雅, 吉本, 烏拉煕春, 愛新覚羅作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 「韓半島から眺めた契丹・女真」 著者 愛新覚羅烏拉煕春, 吉本道雅 著 出版社 京都大学学術出版会. 2: 明代の女真人 : 『女真訳語』から『永寧寺記碑』へ: 愛新覚羅烏拉煕春 著: 京都大学学術. 愛新覚羅烏拉煕春アイシンギョロウルヒチュ 立命館アジア太平洋大学教授・京都大学ユーラシア文化研究センター研究員・文学博士。専攻は契丹・女真・満洲をはじめとするユーラシア諸民族の言語文字と歴史文化. 愛新覚羅烏拉熙春の新作『契丹語諸形態の研究』 Memories of the Khitai Language and Culture Research Center 契丹文字・遼史研究の新高峰:『新出契丹史料の研究』(愛新覚羅烏拉熙春・吉本道雅 共著。. 実は、 年までの呉氏の一連の剽窃行為は、すでに『韓半島から眺めた契丹・女真』に明白に指摘しているが、全く反省もなく短期間でまたもや同様の剽窃行為を堂々と続けていることは非常に心外である。こうした反学術倫理的な行為を公示するととも. 韓半島から眺めた契丹・女真 フォーマット: 図書 責任表示: 愛新覺羅烏拉熙春, 吉本道雅著 言語: 中国語 出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会,.

韓半島から眺めた契丹・女真 著者 愛新覚羅烏拉煕春, 吉本道雅 著 出版社 京都大学学術出版会. Daniels, William Bright 編 ; 矢島文夫 総監訳 ()『世界の文字大事典』(朝倉書店). ヴィルヘルム・グルーベ; Louis Ligeti; 金光平; 金.

愛新覚羅烏拉熙春・吉本道雅『韓半島から眺めた契丹・女真』京都大学学術出版会、年。 関連項目 編集 ウィキメディア・コモンズには、 女真文字 に関連するカテゴリがあります。.

韓半島から眺めた契丹・女真 - 愛新覚羅烏拉煕春

email: ojopixa@gmail.com - phone:(148) 978-8782 x 2946

マンガでわかりやすい ストレス・マネジメント - 大野裕 - 気仙沼の松岩ごんだらものがたり

-> フランス語で日記をつけよう - 長野督
-> 29 千葉工大

韓半島から眺めた契丹・女真 - 愛新覚羅烏拉煕春 - 昭和のライフレビュー 大西規子


Sitemap 1

A君(17)の戦争 すすむべきみち - 豪屋大介 - カレンダー 雨宮留菜